保険適用の範囲内である程度の治療を受ける

40代50代は子育てや働き盛りの世代ということもあり、多くの人が肩こりに悩まされています。また、4.50代に多いとされる肩こりを、一般的に四十肩、五十肩と呼んでいます。

四十肩や五十肩が起こる原因はまだはっきり解明されていません。しかし、加齢によっておこる現象であることは間違いなく、肩の関節を取り巻く、腱の炎症であろうと考えられています。

四十肩、五十肩の起こり始めは、夜、寝返りを打つ時に、ギクッと傷んで目覚めることもあります。痛みが強い時は、炎症が起きている時期で、その後、炎症が治まるに従って痛みは軽減されます。

腱とその周囲が炎症の名残で癒着を起し、すべりが悪くなるので、関節の動きが悪くなります。徐々に癒着が軽くなり、正常な動きになるまでには半年から一年以上かかるといわれていますが、人によっては一年以上、症状が続いている人もいます。

あまりにも痛みがひどく日常生活に支障が出る場合は整形外科にかかることをおすすめします。

炎症が起きている急性期には、なるべく肩を動かさないで安静にしている人もいるようですが、動かさないでいると癒着が起こりますから、これを防止するために無理のない程度に肩を動かすようにします。慢性期に入ったら肩を温め、体操をするなどケアに努めるようにしてください。

合宿免許の実態~彼女を変えた14日間~